助産院一覧で適切な場所選び│安心して出産するために

ウーマン

男性不妊を解消

男性

女性だけでなく男性も検査

昨今では、不妊に悩み婦人科を受診する女性が増えてきています。ところが不妊の原因は、女性側ではなく男性側にある可能性があります。たとえば男性が無精子症だった場合には、女性の体に特に問題がなくても、女性は妊娠することができないのです。そのためなかなか子宝に恵まれないという場合は、女性だけでなく男性も、不妊かどうかを調べる検査を受けることが大事です。婦人科では、女性はもちろんですが、男性も受診することができるのです。夫婦そろって受診した場合には、2人で一緒に検査を受けることも可能となっています。そして検査の結果、男性側が無精子症と診断された場合には、設備が整っている婦人科でなら、妊娠の可能性を高めるための不妊治療がおこなわれます。

閉塞性または非閉塞性

無精子症には、閉塞性のものと非閉塞性のものとがあります。閉塞性の無精子症は、精子を作り出す精巣と、射精をおこなう尿道とをつなぐ精管が詰まることが原因となっています。精子自体は精巣でしっかりと作られているので、そこから採取して女性の体内に注入すれば、女性は妊娠が可能になるのです。一方非閉塞性の無精子症の場合は、そもそも精巣で健康的な精子が作られていません。ところが精巣の中には、小数でも健康的な精子が作られている可能性があります。その場合は、それをうまく採取すれば、やはり女性の体内に注入することができます。採取できなかった場合には、精子のもととなる細胞を採取し、それを使って健康的な精子を作り出してから、女性の体内に注入します。こういった不妊治療により、無精子症でも子宝に恵まれたという男性は多くいます。